前へ
次へ

離婚裁判で不倫をにおわす証拠が出されたとき

離婚裁判において不倫の証拠が出されればそれを理由として判決が下されます。
証拠としてはホテルなどに相手と入るときの写真などがあり、一回だけでなく数回あると確実な証拠になります。
不倫を疑う側としては何としても証拠をつかみたいといろいろ手段を取るのでしょうが、不倫をしていない側としては行為そのものがないので特に何もしなくてもよさそうです。
しかし離婚裁判において不倫をにおわす証拠が出されて裁判所の雰囲気が一変します。
交友関係においては男女それぞれいるはずで、異性と会っていたから必ず不倫をしていたことにはなりません。
不倫をにおわす証拠が出されたとしても、その証拠がどんな状況のものかを答えることができればきちんと反論ができます。
このとき弁護士などがいないと感情的になってしまい疑われやすくなりますが、弁護士がいれば冷静に答弁するようにサポートしてくれます。
におわすぐらいの証拠だと不倫と認定されず、不利な判決をされることはありません。

Page Top