前へ
次へ

離婚裁判を起こすポイント

離婚裁判は、離婚に関する幅広い課題を争うものです。
当裁判では離婚の可否だけでなく、慰謝料や財産分与、子供の養育権などについても対象となります。
当裁判を申し立てるには、離婚調停を先に受ける必要があります。
離婚調停が不成立になって初めて、離婚裁判を申し立てることが可能となるわけです。
裁判で離婚を認められるのは法定離婚事由原因が存在する場合で、これは民法第770条で定められています。
但し法定離婚事由原因がなくても、被告が請求を許諾したり、双方が和解することで離婚が成立するケースがあります。
民法が定める法定離婚事由原因は、配偶者に不貞な行為があったとき等、全部で5項目が挙げられています。
離婚裁判を行う際には、通常は弁護士に依頼します。
弁護士に依頼するメリットは、裁判で自分の主張が通りやすくなることです。
裁判官に感情で訴えても、裁判で勝てないのが実情です。
法律に則って論理的に主張することで、正当性をアピールできるものです。
弁護士はそのような話法に長けており、裁判を有利に進めることが可能です。
そもそも離婚裁判を起こすには、訴状や関連書面を用意したり、離婚原因の証拠などを揃える必要があります。
そうした手続きは素人には難しいものがあり、裁判のプロである弁護士に任せるのが安心だと言えます。

Page Top