前へ
次へ

離婚裁判でへそくりは財産分与の対象になるか

それぞれの家庭ではお金を稼ぐ人とお金を管理する人が別かもしれません。
かつては夫が働いて妻が家計を守る状況があり、役割がきちんと分担されていました。
最近は夫婦共働きでどちらにも収入があるため、お金の管理に関してはどちらがまとめて行うケースとそれぞれで行うケースがあります。
将来的に仲良く暮らしていければ問題はありませんが、離婚をすることになると財産分与が必要になります。
離婚裁判においてはへそくりの扱いがどうなるかが争われることもあります。
へそくりは生活費をやりくりして余ったお金を一方の財産として保管するお金です。
へそくりをどう使うかはその人次第ですが、足りないときの家計の足しにする人もいれば、とにかくためて自分の将来の財産としようとする人もいます。
離婚裁判ではへそくりに関してはためた人の財産ではなく夫婦共有の財産であるとの判決が一般的です。
へそくりをした人にとっては自分の努力でためたものだからと納得できないようですが仕方ないでしょう。

Page Top