前へ
次へ

離婚裁判でしていない不貞を主張する

夫婦は互いに信頼しあい愛し合う関係と言えるでしょう。
ただ相手への気持ちが強すぎると相手を束縛してしまうこともあり、ときに相手の行動を過度に疑うときもあるようです。
夫や妻が異性と仲良くしているのを見ると不貞をしているのではないかと考えるのは決して珍しいことではありません。
あまりに疑いが強くなりすぎるととうとう信頼関係が崩れてしまって離婚をして慰謝料も請求しようとしてきます。
不貞をしていない側からすると離婚の訴えも慰謝料の請求も応じられないでしょう。
離婚裁判においては不貞をされた方がそれを理由として起こすことが多いですが、不貞をしていない主張をするために離婚裁判を起こすこともあります。
不貞をしていなければその証拠が見つかるはずもなく、相手の主張は裁判によって退けられます。
不貞をしていなければ慰謝料を支払う必要性もないので、その請求に関しても支払浮揚の判決が出されるでしょう。
絶対不貞をしていない自信があるなら裁判を起こして解決すると良いでしょう。

Page Top