前へ
次へ

離婚裁判で隠し財産を含めた財産分与

離婚をするときには夫婦で築いてきた財産を分けることになります。
婚姻前から保有していたそれぞれの財産はそれぞれのものですが、婚姻後に築いた財産に関しても基本的にはそれぞれの名義に応じて分けていきます。
どちらの名義でもないものに関しては等分に分けますが、夫婦で所得が異なるときなどはそれぞれの名義で分けられるのには問題があるでしょう。
そこで専業主婦などは夫名義の財産から一定の財産を受けることができます。
離婚においては財産をきちんと提示してそれを分ける必要がありますが、一方が隠し財産を持っていて正当な分与がされないときがあります。
このときは弁護士に依頼をして離婚裁判をするとよいでしょう。
相手の隠し財産に関する証拠を離婚裁判に提出し、それが認められれば財産分与のやり直しをするよう判決が出されます。
相手の隠し財産に関しては夫婦間でもわからないものがありますが、弁護士であれば一定の権限で探し出してくれるでしょう。

Page Top